確実に家賃収入が入る投資マンションを運用しよう

男の人

連帯保証人の代わりに

積み木

アパート契約において、家賃債務保証の制度が注目されています。その背景には、連帯保証人の確保が困難であることが挙げられます。アパート経営において、メインとなる仕事は住人から家賃をもらうことです。もちろん、住人は定期的に決められた家賃を払うという約束でアパートに住んでいるわけですが、経済的理由などから家賃を支払わない住人もいます。当然、家賃をもらえないと大家としては収入が減ってしまうので、きちんと回収することが大切です。家賃不払いのリスクを回避するために、住人の代わりに家賃を払ってくれる連帯保証人を確保しておくアパート経営者は多いです。一方で、全ての住人が連帯保証人を確保できるわけではありません。日本に住む外国人も多くなっていますが、母国から一人で働きに来ている彼らも連帯保証人は見つけにくい状況です。そういう人たちに対して連帯保証人になってくれる業者があり、家賃債務保証会社と呼ばれています。入居希望者にとっては、連帯保証人を探し出す必要がなくなり、アパートの大家にとっては住人が家賃不払いという状況になっても家賃債務保証会社が代わりに払ってくれるので安心です。家賃債務保証会社は入居希望者から料金をもらっています。アパートの大家が初めから家賃債務保証会社と提携しているというケースも少なくありません。とはいえ、連帯保証人がすぐに見つかる人には無用のサービスであり、無理にすすめてしまうとトラブルのもとになるので注意が必要です。